スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2016 第九戦 丹後網野方面(浜詰・浜詰漁港・浅茂川漁港)
11月13日(日)
※大潮 晴れ 最高20度 最低8度

ようやく宅建の試験が終わり解放されるも、ベストシーズンは過ぎた10/末…
しかも波が高くて船出ずが二連チャン…

もう今シーズンは終わったと思ってましたが、ゴム人形ことヨネジとおかっぱりへ行くことに…

もうね、、、最初っから分かってたんですよ~

グダグダヨネ釣行の巻になる事なんてwww
でもまぁ、サーフの為にウェダー買ったのもあったので、ヒラメなんて釣れたらと考えるとワクワクするわけです(*_*)


で…
〜釣果〜
ワームで釣ったフグと
餌釣りのイソメでメバル、ハゼ数匹のみ




朝イチ入った浜詰のサーフはアタリすらない状況デシタ(*_*)
水深も2mぐらいで、ショアスローしてもバサロしても、水中で浮かすことが出来ず釣りになりません。。。
もう少し深いサーフじゃないと釣れる気がしません(本人の技術に問題アリ)

ゴム人形ことヨネジ
20161113-3.jpg

ぼく
20161113-2.jpg
恰好だけはイッチョ前なんですが、サーフ初釣行という体験だけでおわりました



その後は激痛な腰で半分ぐらいしか釣りが出来ず、浜詰漁港で適当に投げて釣れたフグ
20161113-1.jpg

浅茂川漁港に移動して、ホノボノ餌釣りで釣った二魚種のみで撃沈…
20161113-5.jpg

20161113-6.jpg




なんだかな~
だからヨネジとおかっぱり行くのん嫌やねんな~~~wwwこの日も40分遅刻しよったし~
20161113-4.jpg


やっぱ真剣になれるのは研究し続けてる舞鶴田井の毛島やな~

でも、温かくなるまでまだまだ…
なにしよっかな~(-_-)

-今回のメモφ(..)-
・餌釣り、結構おもしろい
・ヨネジのペースで、メリハリのない釣りを「グダグダヨネ釣行」と命名w
スポンサーサイト
別窓 | Fishing | コメント:4
201611131014
2016 第八戦 毛島(カイソ・カイソ近くの磯)
8月11日(木)
※小潮 晴れ 最高31度 最低20度

またまた惨敗の巻´д` ;そして、またまたゴムさんと同行。

〜釣果〜
ガシラ23.5cmが2匹のみ…(゚д゚)
IMG_5300.jpg
6:05


IMG_5301.jpg
7:15

いずれもカイソで釣れたのみ、その他は延々と竿振り運動シテマシタよ~~~


これで前回から持越しの答えアワセできました( ̄^ ̄)ゞ

やっぱ海水温が上がり過ぎる8月は根魚シブイってこと。。。

確信デス(゚д゚)



でも収穫はありました。

前回帰りの船で一緒だった、地元のオジサマに教えていただいた超シャローでのミノーイング。(シーバス80cmを釣ったハリマシタ)
非常に気になってたので、前日に東京湾でシーバスばっか狙ってる弟にTELしてみました。。。
すると、そんなトップに近いルアーで釣れるんやったら活性高いから、信じて投げろと…

で、1投目からワゴンセールで買ったショアラインシャイナーSSRを投げる。

カイソ岬北側のいつも何も反応がない岬から。。。
やはり反応ナシw(ここで釣れた事がない)
そこから5投目ぐらいで、いつもの定位置へ。。。足元からどん底の正面エリア。
エイヤー!!

ぐりぐりリーリングしてると段差につまずいて、手を止めた瞬間、コンコンコン!!
しかし、態勢悪くフックアップならず…


それから2投目。少し南の岬へ向かってエイヤー!!(44cmアコウを釣ったラインです)
グリグリしてあと10mほどのところで、、、

ガツン!!

大きい物が首を振ってる感触が…そして初体験な重さ

「よっしゃキターーーーー!!」

が、次の瞬間…
ブチッ!!

へ!?

姿も見ることなくラインブレイク(*_*)
PE1.2号、リーダー20lbなので、シーバス狙いでは十分なハズ、、、
切れたリーダーラインの先端を見るとルアー丸呑み後の口元から切れたっぽい(*_*)
サワラかもしれませんね…

とにもかくにも、次回からは、朝イチメニューにプラグを組み込みリベンジします(__)

新しい魚種(シーバスor青物)が獲れると分かった事は大きな収穫でしたが…
ゴムさんも貧果だった様で、12時でおとなしく二人揃ってションボリ納竿


-今回のメモφ(..)-
・カイソ岬はやはり潮通しが良いのか、多魚種が集まる。潮目もよくできる。
・夏の高水温下で根魚は釣れない。
 (以下ゴム博士リサーチによる)

2016年7月10日(44cm他)
IMG_5296.jpg
過去最高釣果だったこの日は海面水温約25度。



2016年8月11日
IMG_5297.jpg
今回は海面水温約30度以上。しかも例年より高い。



2014年8月11日
IMG_5298.jpg
約27度。



2015年8月11日
IMG_5299.jpg
約29度。

これで、バンダナさんもおっしゃてた夏のシブさが確証されました。

まとめ
5月中旬からガシラは釣れ始め、6月から7月中旬まではアコウシーズン。
水面温度が7月中旬ごろに戻る9月中旬からアコウ、イカシーズン。愉しめるのは10月中旬まで。

来年からは4月、5月上旬、7月末、8月は違うポイントもしくはシーバス等の他魚種を狙うプランに決定。
今年はいろんなことが分かるシーズンです
別窓 | Fishing | コメント:2
201608111438
2016 第七戦 毛島(カイソ・大グリ)
7月23日(土)
※中潮 晴れ 最高33度 最低21度

惨敗の巻´д` ;


今回も諸事情によりゴムさんと一緒でした〜
IMG_5173.jpg

〜釣果〜
アコウ24cm、25cmの2匹
以上っ‼︎

三週連続で田井入りするのは初めてでしたが、貧果極まりなく撃沈でした´д` ;

まずは三週連続で朝イチに立ったカイソ。

前回より潮流はなく、狙ったところに着底は出来たのですが、、、



反応がない(-。-;


バサロもショアスローも…


色変え、アクション変えとしましたがダメでした


南の岬へもいつもより大きく下がり、これ以上徒歩では無理なところで、
6:30 メタルマルにようやく24cm。。。


吐き出したベイト見ても、前回より活性高いんじゃないかと思いましたが、その後も沈黙…
IMG_5171.jpg


必死で考え試行錯誤の結果、赤金のガンガンジグショアスローで
IMG_5172.jpg
7:44 なんとかもう1匹。。。

うぐぐぐ…
シブイ…

磯替えの船が来て、船長に状況を伝えると2人で大グリ行きますか?と…
行きます行きます!!と二つ返事で答え、テンション上がりまくりー

渇望していた一級ポイントです。

意気揚々とゴムさんを迎えに、西の船付き場北側へ行くと…
IMG_5176.jpg
ゴムさん寝たハリマスタ(*_*)↑船の警笛に気づきムクっと起きた瞬間デスwww


気を取り直し~いざ大グリへ着陸♪
ゴムさんも自分も360度釣りができるパノラマに興奮\(-o-)/

大グリから見た毛島
IMG_5177.jpg

遠くに冠島
IMG_5178.jpg


イエイイエイイエイ♪と
我先にと投げる!!!
投げる!!
投げる!
投げる

が、一切生命反応なし…



アタリがあっても豆がテールをかじるばかり…


IMG_5174.jpg
結局12時のお迎えまで1匹も釣れませんでしたよ…


ゴムさんも夜明けに釣ったガシラ2匹のみ





帰宅して家族から大ブーイングの嵐だったことは言うまでもありません

ま、海で黄昏たんで良しとシマス。
IMG_5175.jpg


-今回のメモφ(..)-
・小グリでは80cmのシーバスが上がっていた。ほぼトップに近いプラグで釣れるとのこと。
・気温が上がる8月は貧果になるのか?自分の過去釣果もバンダナさんの釣果も乏しい。次回の釣行で答え合わせ。
別窓 | Fishing | コメント:2
201607231006
2016 第六戦 毛島(カイソ・西の船着き場北側)
7月18日(月)
※大潮 晴れ 最高29度 最低23度


今回はゴムさんと一緒に田井入りしてきました。
と言っても、自分はカイソへゴムさんはスイドウへと別行動
自分、基本的に誰かとツルんで行くのが好きではないので、いつも独りなんですが諸事情により今回は一緒シマシタ…
IMG_5040.jpg
盗撮された出船時の背中w

まずは2週連続で立ったカイソ。
1投目はショアスローからやったんですが、海の状況が全く変わってマシタ、、、
潮が北から南へとスゴく強い(*_*)今まで経験したことのない速さ。

投げても投げても、40mある底にはたどり着けず往生しました

目一杯北に投げても、目一杯南に流され、浅場の岩に引っかかってロスト…そんなパターンで3つぐらいはバサロ含め亡失シマシタ…

それならと、40gのオーバルに変えてようやく底をとれた1投目(30分経過してました)で
IMG_5034.jpg

IMG_5035.jpg
35cm5:16

ヤッパ底とれたら今のパターンにハマってるジグやと確信しました。

で、南の岬だとまっすぐ下潮へ投げれるので、移動をし、バサロをエイヤー!!
コンタクトなし…

なら正面に投げて下に流されるパターンを狙い、エイヤー!!

3回目のリーリングで、遠い方でコンと小さくアタリが…

フンガー!!
お、乗った乗った…でも小さい。。。

なんて余裕ぶっこいてグリグリしてると、根に潜られました。
しまったと引きずり出すと、さっきまでとは違う重みが

大きい!!

ゴリ巻き開始するも、時すでに遅し…初動で浮かせれてない魚はまたもや根に潜りました。
3回ぐらいのシャクりで何とか根から剥がして、魚への距離が近づいてくると、バサロでは体験したことのない重みが…

「これはごっつい!!絶対とるぞー!いやちゃうちゃう、頼むし獲らせて~」
とか独り言を言いながら、ラインの着水位置はあと10m。
が、またもやスタック…

いくらシャクっても剥がれません、、、マズイ(*_*)

ライン張らず緩めずで、30秒ごとぐらいにシャクるも剥がれません、、、
5分は経ち、半ばあきらめモードに入ってたシャクりで何とか生命反応のある重みが~~

よっしゃ~と上がってきた魚体は~
IMG_5037.jpg
エビパターンを意識して先日買ったヤバイシュリンプを丸呑みの~
IMG_5038.jpg
40cm6:51
先週に引き続き40upを獲れたのですが、念願のバサロで獲れた事も嬉しい!!

リーダーに目をやると…
IMG_5036.jpg
ヤバカッタ

あともう1回根に擦れたら、切れていたと思います。。。20lbでのドン底エリアは厳しいかも

でもなんとか獲れた魚体を見て、半ば満足

その後は西の船着き場北側に移動するも、風も出てきたのでバサロ・ショアスローで釣れたのはアナハゼ一匹のみ。
尺ヘッドで豆が数匹で12時納竿でした。

ゴムさんもアコウ35cmぐらいとその他数匹釣れたので、満足げデシタ♪

自分が40upをまたもや釣ったと知るまではwww


帰宅後は、業者に砥いでもらった出刃と柳刃でいつもより身を平行に薄く切りマシタ♪
IMG_5039.jpg
甘味が出て過去最高の旨さに♪


-今回のメモφ(..)-
・他にアコウ狙いの人が居たが、34cm止まり。おそらく今年40upを上げているのは自分だけ。。。となると大型を獲れる理由として、まずはショアスロー。そしてコロラドブレード付きのバサロが勝因。
・刺身にするとき三枚におろした身をできるだけ平行に薄く切ると美味になる。
別窓 | Fishing | コメント:2
201607182116
2016 第五戦 毛島(カイソ・西の船着き場北側)
7月10日(日)
※小潮 晴れ 最高32度 最低22度


バンダナさんのブログを読みアコウの生態を知って、40UPを本格的に狙いだしたのが2013年。。。
ロッドとバサロの前型な自作リグに夢携え、通った毛島。。。
そして苦節3年。。。

ついに釣れましたっ!!
IMG_4957.jpg


~釣果~
44cm、39cm、35cm、34cm、29cm、26cm計6本のアコウ
20cmのガシラ1匹&豆数匹
(リリース含む)

時系列で書きます。
4:15出船の朝イチは前回活性の良かったカイソから入りました♪
初めての朝イチだったんでどうしていいか分からず、いつものバサロで。
しかし底がとれにくく、21gを28gに変更しコチョコチョしてると、20cmのガシラが5投目ぐらいでようやく釣れました。

この時点では、やはり西の船着き場北側から入るべきだったかとチト後悔…

その後はショアスローするもアタリもなく、、、

で、少し南の岬へ~
2時間経った6:20にようやく
IMG_4960.jpg
29cm
バサロでしたが、前回と違いブレード付けてもカスリもしなかったので、
ブレード外したり、スプリット系テールのワームにしたり、カラー変えたりと色々試してました。

結局この時間帯の結論は、ワームのテールはストレート、針下ブレードは付けるが白色、カラーはナチュラル系に落ち着きました。

それからは26cmが何とか釣れた感じで、もはやグダグダになりかけ

そんな流れで持ち替えたのがオーバル30g赤金が付いた、エボルブ。

そー言や、こないだ買ったショアジギの本に着底した瞬間にシャクり上げる事が大きく釣果を左右する的なことが書いてあったのを思いだし、
着底したら3~4回シャクる。じっと観察して、着底したら即シャクるを繰り返し。
底を舐めるようなアクションがされていたと思います。

すると、シャクり上げた瞬間重みが…
巻き合わせでグリグリ巻くと…
IMG_4959.jpg
8:15 34cmでした♪

これはイイかも♪と少し南の岬にある潮目へ(この日は潮目がよく現れました)
IMG_4956.jpg
エイヤー!
でも、少し風で流され底はとれていなかったと思います。
1.2.3とアクションしながらそろそろピックアップかな~ってトコで、またもやシャクり上げた瞬間にグンと重みが…

兎に角巻き合わせでグリグリ~

ん!?重い
根掛かりか?と思い手を止めると、今まで数回しか体験した事のないあの大きいストロークで重たいモンが引っ張る感触が!!

魚や、間違いない!!

もはや心臓バクバク


自分はポンプリトリーブをしません。バンダナさんがおっしゃってた「根に潜るアコウはひたすらゴリ巻き」を神髄としてるのでw
しかもこのカイソは、足元5mからはドン底で40mはあります。
その5mのスリットに入られるのはもちろん、それだけ深さがあれば大きな岩も多数点在するゆえ、いつスタックされるからわからないにょデス。。。

まさしく筋肉勝負でした
深さがあるので、結構巻き巻きシマシタが、なかなか上がってきてくれません(+o+)
もう右腕パンパン!!
最後はロッドを脇に挟まないとリーリングできなくなり、自分の上腕二頭筋は負けたワケです。。。トホホ

でも頼むから上がってきてくれ~と願いながら上がってきたのが
44cm!!
IMG_4958.jpg
超ウレしい!!

6歳から釣りをしてますが、体験したことのない引きでした(*_*)
もう腕はピクピクしてるし、その場で座り込んでマジマジとその魚体を眺めましたよ…

あ~釣りしてて良かった~

アコウ狙ってて良かった~

釣り上げられて良かった~

と、感極まりました♪

ようは二投連続で釣れたワケですな。

9:15
磯替えに来た船長に、飛び乗るやいなや駆け寄って「やりました!!3年間追い続けた40up釣れましたよ~~~~」と報告。
一緒に喜んでくれました。

それからは
西の船着き場北側へ

もう燃え尽きた感イパイで、正午上がりにしたので、尺ヘッドでも遊ぼうかとPEスペサルに持ち替えるもこの日は反応悪かったです。

豆ガシラが3匹釣れたところで、バサロへ持ち替え。。。

日も高くなってるので、ダックフィンシャッドの稚鮎カラー(ナチュラル系)&白コロラドをリグってエイヤー!!

ハニーラインは反応無かったので、正面岩の向こうの沖を狙います。

するとテンションフォール中に「コッ!」とアタリが…
フンガーと合わせて上がってきたのは、
IMG_4955.jpg
35cm

正面岩の向こうで釣れたのは初めてだったので、これはイケルのかとエイヤー!!

巻き始めに藻にもたつく様なアタリが、もう一度落としてリーリングするとまたもやもたつくアタリが、、、
フンガーw
鬼フッキングで上がってきたのは、
IMG_4954.jpg
39cm

なんと記録更新を2匹も釣り上げてまいマシタ

もう満足すぎて、悠々と12時の迎え船に乗りましたよ~~~

念願のフンガー持ち
IMG_4953.jpg


帰宅後は捌き♪
IMG_4952.jpg

IMG_4951.jpg


あと3日はアコウ尽くしな夕食デス♪

-今回のメモφ(..)-
・バサロのシャッドテール&コロラドは波動が強すぎるのか、食わない時間帯がある。その時はスプリット系テール&コロラドが良い。
・コロラドは黄色より白色の方が反応良い。
・ショアスローでも着底後すぐにシャクるとロストしにくい。そして底を中心に探れる。
・この日は他の釣行者も40弱を筆頭にアコウ祭りだった。潮目がたくさんあり、潮もよく動いていたからか…
・6匹すべてのアコウはほとんど何も胃に入ってなかった。
別窓 | Fishing | コメント:2
201607101645
| 綴り帳 | NEXT
2006-2017 template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。